2014 27/12

http://www.deskstyle.info/eria/okayama/bizen.html家庭教師のデスクスタイルは対応エリアが広いため、東海から九州地方にお住まいの方なら問題なく先生を派遣してもらえるでしょう。1対1の個別指導及び1時間あたり1,500円という、サービス内容がウリの家庭教師派遣会社です。参考までに備前市(http://www.deskstyle.info/eria/okayama/bizen.html)の専用ページを掲載しておきますので、備前市にお住まいの方はチェックしてみてください。もちろん岡山県には、他にも数多くの市があります。岡山市や玉野市、総社市、倉敷市など、各市ごとの専用ページが用意されているため、お住まいのエリアから詳細を確認してみましょう。

さてデスクスタイルですが、主に学校の成績をアップさせたい家庭からの需要が高いといった特徴が挙げられます。5教科200点だったお子さんが400点以上の成績をマークするなど、実績も公式ホームページに掲載されています。また利用者からの口コミ評価も掲載されていますので、まずは指導をお願いするだけの価値があるのかを調べてみると良いです。

「正しい学習法」「適切な時間」「適切な勉強量」「勉強の習慣」「やる気」を軸に、優秀な先生がお子さんの勉強を指導してくれます。サービスの一環として、不登校児への学習指導にも対応しています。勉強にはコツがありますので、少しでもお子さんの成績を良くしたいのなら、家庭教師サービスを検討してみましょう。

2014 29/09

弔電を初めて送るという人へ、ここでは知っておきたい弔電のマナーをお教えます。

まず一番大事なことは、一刻でも早く届けること、です。
そもそも弔電とは、やむを得ない事情があり、葬儀などに参加できない場合に送るものです。遺族などに対してお悔みを伝える大切なものとなっています。
ですので、一刻でも早く届けるためにも、連絡を受けた時点で弔電を送るのがベストです。遅くても告別式までには届くように手配した方がいいでしょう。

送り先は、葬儀が行われる場所が自宅なら自宅宛てに、斎場なら斎場宛てに送ります。
また、よく弔電と一緒に線香を送る方がいますが、実はこれは失礼にあたるようです。線香は葬儀が終わった後でもいいので、直接お宅に伺ってあげる事が常識です。
最近では弔電と一緒に線香をセットで販売している会社もありますが、私はオススメしません。なるべくは葬儀へ参加する方が良いのですが、どうしても参加できない場合は弔電でお悔みの気持ちを遺族へ伝えるようにしましょう。

弔電はNTTやインターネット注文などでも送る事ができます。
手続方法はスタッフの案内に任せて進めれば問題ありません。大切な人へ弔電を送るという人はぜひ、参考にしてほしいと思います。